モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 水素水の記事一覧
  3. ナノバブル水と水素水って違うの?

ナノバブル水と水素水って違うの?

photo

水素水とは?

水素水は水素を水に溶かしこんだもので、飲料や工業用の洗浄に利用されています。

工業用に使用される場合は、ミネラルや、水の中に含まれる異物を99%以上取り除いた超純水が使われ、炭酸水やオゾン水と同じように、半導体や液晶の洗浄に使われています。

飲料用の水素水は、日本各地の天然水が濾過して使われたり、水道の水を丁寧に濾過し不純物を取り除いた水が使われたりと、健康に良く安心して飲むことができます。

水素水の効能としては、体を酸化させ、「老化、シミ、シワ、そばかす、動脈硬化、糖尿病、ガン、老人性の痴呆症」などの原因になるといわれている、「活性酸素」を取り除く働きがあると言われています。

この毒性の強い活性酸素は、実は呼吸をするごとに作り出されているため、体は少しずつ酸化され、老化しています。

水素には、体に悪影響を及ぼす活性酸素と結合し、無害化させる働きがあるため、老化防止や、美肌効果、脳の活性化、整腸作用などの効果が期待できると言われています。

ナノバブル水とは?

ナノバブル水の「ナノ」というのは、物体の長さを表す単位です。

私たちの生活の中では「m」「cm」「mm」がよく使われていますが、この「ナノナートル」は、1mの10億分の1の大きさを指します。

そのため、人間の目で確認することはできない、非常に小さな大きさということです。

酸素水は水の中に酸素を溶け込ませるために、ナノサイズの気泡に加工しているので、気化しづらく通常よりも長い期間水の中に気体を存在させることができます。

非常に小さな気泡のため、直接細胞へ入り込むことができ、細胞への浸透力も非常に良いと言われています。

ナノバブルに使用する気体を酸素にすることで、生物の健康を促進し、体を活性化させる働きが期待できます。

酸素は体に取り入れると、代謝の働きを活発にさせ脂肪燃焼効果や、体内の老廃物を外へ出すデトックス効果があると言われています。

実際にオリンピック選手や、世界のアスリートがハードな練習時や、大切な試合の時に酸素水を利用し、その効果が実証されています。

生物が生きるためには、酸素を取り入れることが必要で、酸欠になると思考が停止したり、吐き気や目眩を引き起こしたりと不調になります。

酸素のナノバブル水が発明されるかなり昔から、酸素スプレーや酸素マスク、酸素カプセルなどが世界で開発され、酸素が体に与える影響が非常に良いということが認められています。

水素水とナノバブル水は、水に溶け込ませている気体が違うということや、期待できる効果についても異なります。

特に酸素については、昔からその研究がなされ、体に対して良い効果があると言われていますが、水素水についてはまだ研究中という段階のため、信頼性や安全面でも酸素水の方が現状優れてと言えます。