モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 水素水の記事一覧
  3. 疲れを取るために水素水を飲もう

疲れを取るために水素水を飲もう

photo

疲れの原因は大量の活性酸素

水素水は、疲れている時ほど飲んだ方がいいと言われています。その理由としては、疲労回復効果が見込める、ということが挙げられます。

ここでは、疲労が起こる原因と、疲労回復になぜ水素水が有効なのかを紹介していきたいと思います。

まずは疲労の原因です。激しい運動をした後や、睡眠不足が続いた時などに疲労感を感じることが多いと思います。

また、仕事や家事などの疲労が慢性化しているケースも最近ではよく聞かれます。そのため、いくら眠っても疲れが取れない方なども増えてきていると言われています。

このような様々な疲労を抱えている時、体内では活性酸素が大量に発生しています。活性酸素には、体内の酸化を強めてしまう作用があります。酸化が進めば体内が錆びつき、機能がうまく回らなくなるため、常に倦怠感や疲労感が抜けない身体へと変わってしまいます。

抗酸化作用もある水素水

疲れの元となる活性酸素ですが、それを作り出しているのは細胞内にあるミトコンドリアです。ミトコンドリアは代謝を上げるために必要なアデノシンミリン酸を作り出すことでも知られていますが、その一方で疲れの元となる活性酸素を同時に作り出している、言わば諸刃の組織です。

活性酸素が大量に発生し増加してしまうと、ミトコンドリア自身の機能も低下していきます。そのため、代謝を上げることが難しくなり、疲労が溜まっていってしまいます。

水素水には、そんなミトコンドリアを活性化させる効果があります。また、それだけでなく、活性酸素を抑える抗酸化作用としての働きもあります。

弱ったミトコンドリアを元気に戻し、活性酸素を撃退してくれる水素水を日ごろから取り入れることで、次第に疲れを知らない元気な身体に戻れることが期待できますね。

ストレスを感じた時も水素水を

一概に疲れと言っても、肉体的なことばかりではありません。強いストレスを感じる場合なども、極度の疲労感に襲われることもあります。

このような精神的な疲労時にも活性酸素は大量に発生しています。そういった精神的ストレスを感じた場合、お酒やタバコなどで気を落ち着かせたり、紛らわせたりする人も中には居ると思います。

しかし、飲酒や喫煙といった行為も活性酸素を大量に発生させる原因となってしまいます。これでは一時のストレス解消にはなっても、長い目で見ると身体を老化させているだけに過ぎません。

水素水は、活性酸素の中でも悪玉と呼ばれている活性酸素と結びつき、無害な水へと変えて体外へ排出してくれます。どうしてもお酒やタバコをやめられないという方は、せめてその最中か後に、水素水を飲んでいただくことをおすすめします。

水素水で身体をストレスから守ってあげましょう。