モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 水素水の記事一覧
  3. 水素水の保存方法

水素水の保存方法

photo

水素水の保管方法をご存知ですか?
購入すると箱に入って数十本届くこともあり、保管しなければなりませんが、水素水は「水から水素が抜けやすい」といわれており、飲むタイミングによっては、ただの水になっているということもあります。
今回は水素水の保管方法や選び方の注意点についてご紹介します。

水素水は常温で保管するべし

「え?水素水を冷やしておいて、お風呂上りに飲みたいのに!」と思われている方も多いかもしれませんが、水素水は常温で飲むのがオススメです。
人間の消化器官は体内の温度が37度以下になるとうまく機能しなくなります。
体が冷えると、体温を上げようと胃や腸に血液を集中させるため、脳や腎臓に血液が行き渡らなくなるのです。
暑い夏に冷たい飲み物を飲み過ぎると、内臓を冷やし免疫力が低下したり夏バテの原因にもなったりします。
エアコンなどで適度に体を冷やすことは大切ですが、内臓を冷やすのは体への負担が大きくなるため、水素水に限らず飲料は常温で飲むのが良いでしょう。

水素水購入はココに注意!

水素水には、水の中に水素が細かい気泡となって溶け込んでいます。
気泡の大きさによっては空気中に水素が逃げてしまい、飲む頃にはほとんど水素が抜けてしまっているものもあります。

例えば人気のない水素水は多くの在庫を抱えているので、古い製造年月日のものが販売されることがあります。そのため、時間が経過し水の中に含まれていた水素の含有量が減っているものもあるのです。

水素水を購入するときは人気の高い水素水会社を選ぶことも水素の含有量の多い水素水を購入するためのポイントになります。
また、栓を開けてから放置しておくと水素が空気中に逃げやすいため、封を開けたら早めに飲みましょう。

水素水の保管場所について

水素水の保管場所に最も適しているのは、部屋の中で”暗くて涼しい場所”です。
常温保存といっても高温の場所で保管は、膨張作用が働き気体が抜けやすくなるので、暗所で涼しいところがオススメです。放置している間にも水素は少しずつ抜けているため、なるべく早く飲みましょう。

《まとめ》

ペットボトルで水素水を購入すると、1回では飲みきれない量の水素水が届くことがあります。そんな時にどのように保管をすれば良いかを知っておけば、あせって飲む必要もなく自分のペースで飲むことができます。

ただし、時間の経過とともに水素が抜けてしまうので1日1本のペースで飲みきることがオススメです。2ヶ月分を購入できる水素水会社もありますが、水素が抜けてしまうため、あまりオススメではありません。
自分の飲むペースを考えて、無駄のないように水素水を購入しましょう。