モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 豆知識の記事一覧
  3. 酸素水の濃度と効能の関係

酸素水の濃度と効能の関係

photo

酸素の濃度について

通常水道やウォーターサーバーから飲んでいる水に含まれている酸素濃度は4〜7ppmと言われています。

高濃度酸素水には約80〜150ppmの酸素量が含まれており、これは水道水の約30倍の濃度になります。

一般的に販売されている酸素水には濃度から40ppm程度のものしかなく、この程度の濃度の酸素は高濃度酸素水とは呼ばず、80ppm以上の酸素水を高濃度と呼びます。

高濃度の酸素水が入ったペットボトルを振ると、酸素が細かい気泡になって上にあがってくるため、本当に高濃度かどうかを見分ける方法として役立ちます。

酸素の濃度にはppmで表示され、数字が大きいほど溶解されている酸素濃度が高いため、購入する際には必ず酸素濃度を確認することが大切です。

ほとんどの酸素水は水の中に溶解されていますが、中には特殊な装置を使い水分子の中に酸素を溶解させた高濃度酸素水もあり、酸素が逃げないため体内に効果的に取り入れることができます。

高濃度酸素水の方が効果は高い?

酸素水には皮膚細胞や脳細胞を活性化する作用や、免疫力を高め、乳酸や脂肪を分解し代謝を助ける働きがあると言われています。

喫煙者やお酒を飲む機会が多い人は、体内の酸素を特に消費しやすく、体の隅々への酸素の供給量が減るので、酸素水を飲むことで酸欠を防ぐことができるそうです。

酸素水にはアスリートが利用する高濃度のものから、安い価格で売られている低濃度のものまで幅広い種類のものが販売されています。

スポーツや運動を頻繁にする人の場合、運動することで酸素が大量に消費されるので、高濃度の酸素水を利用することをおすすめします。

あまり運動をしない人の場合でも、血中の酸素量が不足すると、息苦しさや、冷え性などの症状が現れるため、なるべく高濃度の酸素水を利用した方が体にとって良いと言われています。

酸素量が低い場合は呼吸困難と診断される場合もあり、血中の酸素濃度を高めるためには、高濃度の酸素水を利用することをおすすめします。

酸素水の酸素濃度が低いのは安静時に10回程度深呼吸をして、体内に取り入れられる酸素量とあまり変わらないため、酸素水はなるべく濃度の高いものを選び、酸素を効果的に取り入れることが大切です。