モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 豆知識の記事一覧
  3. 酸素水は軟水か?硬水か?

酸素水は軟水か?硬水か?

photo

水の硬度を知ろう

酸素水は軟水でしょうか?硬水なのでしょうか?

水にはそれぞれ硬度があります。既にご存知の方もいるかもしれませんが、まずは水の硬度から説明していきたいと思います。

水は水でも軟らかい水と硬い水があるのです。その違いは成分にあります。ずばり、マグネシウムとカルシウムの分量で変わってくるのです。

いわゆる軟らかい水、軟水にはそれらの含有が少なく、多ければ多いほど硬水になります。軟水は口当たりが非常に柔らかいため、飲みやすくクセなども少ないと言われています。

クセのない軟水は、他のものと合わせてもケンカをしないため、お茶やコーヒー、ウィスキーなどのお酒の割水として使用すると香りや味を一層引き立てることで、よく利用されています。

また、日本国内で採れる天然水などはほとんどが軟水のため、日本人の舌によく合います。

クセのある硬水

マグネシウムとカルシウムの含有率が高い水が硬水です。硬水は軟水と違い、口にした瞬間に若干の違和感がある方もいるようです。日本人が軟水に慣れていることもあるからでしょうが、クセのある水、といったところでしょうか。

しかし、成分が豊富なため、汗とともに失われるミネラルを補給でき、妊婦のカルシウム補給や女性のダイエット時にも有効なのは硬水の方だと言われています。

また、臭みを抑える役目もあるため、洋風の肉料理などにも多く利用されています。産地は、イタリアや欧米など海外が多く、日本国内ではめったに摂れません。

クセはありますが、慣れてしまえば硬水の方を好む方も多いですし、実際の効果を実感してから硬水に移る方もいるようです。

では、酸素水はどちらが多いのでしょうか。次に詳しく説明していきたいと思います。

酸素水の産地を調べてみよう

軟水と硬水の違いについては「水の硬度を知ろう」で説明したのでご理解いただけたと思います。マグネシウムとカルシウムの含有率で分けられ、それらは産地によって異なります。

酸素水はどちらなのか?と疑問に思う前に、その酸素水の採取地を調べればいいだけの話です。

日本産であれば軟水、外国産であれば硬水がほとんどでしょう。高濃度の酸素が含まれているからと言って、他の成分が入っていては壊れてしまうといった心配はありません。

酸素はどのような成分ともケンカはしないので、成分が多いにこしたことはないのです。そうなると、硬水の方がカルシウムとマグネシウムが豊富なので、硬水の酸素水の方が色んな効果を期待できるかもしれません。

あとは実際に軟水と硬水を飲み分けてみて、自分に合う方の水を選べばいいのです。

水は毎日飲むものなので、無理せず飲めるような水を選びましょう。