モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 豆知識の記事一覧
  3. バブル水で動脈硬化性を抑制できるか

バブル水で動脈硬化性を抑制できるか

photo

現代人が恐れる疾患、動脈硬化性とは

バブル水とは、特殊な技術で生成した気泡が溶け込んだ水のことを言い、ナノバブル水やマイクロバブル水の総称です。その気泡が微細であればあるほど、人体へ入りやすく、様々な効果をもたらしてくれることが分かっています。

ところで、動脈硬化性という疾患名を聞いたことはあるでしょうか。現代人が最も注意しなければいけない疾患のひとつです。更に心臓疾患、脳疾患、糖尿病など、命に関わる大きな合併症も引き起こす恐ろしさも持ち合わせています。

日本では悪性新生物に次ぐ死因とされています。その恐ろしい動脈硬化性を抑制できるかもしれない救世主がバブル水なのです。それは、動脈硬化性を引き起こす原因と、バブル水の持つ効能がうまくマッチングしていることから発見されました。

次に詳しく紹介していきたいと思います。

動脈硬化性は生活習慣病の一種

動脈硬化性は、その名前の通り血管が硬くなる病気です。

なぜ硬くなってしまうのかというと、血管内に中性脂肪やコレステロールが溜まったり、酸素不足により血流が悪くなってしまったりすることなどが挙げられます。いわゆる生活習慣病のひとつです。

硬くなった血管を放っておくと、血液のポンプの役目を果たす心臓に負担が掛かります。動脈硬化性は、合併症を引き起こす前であれば自己改善が可能です。

もともと柔軟性のある血管をきれいにし、血液を流れやすくしてあげればいいのですが、普段の食事や嗜好品などを見直して一気に改善することは容易ではありません。

また、運動不足も原因のひとつですが、急に運動を始めるというのも過酷なものです。

そこでおすすめしたいのがバブル水です。水を飲み続けることなら誰にでもできることです。

バブル水にどのような効果があるのか、紹介します。

バブル水が動脈硬化性から救ってくれる?

バブル水の定義は先程説明しました。細かい気泡が細胞や血管にまで届いてくれるので、使い方によっては正に救世主なのです。

例えばナノバブル化した酸素水を常飲水とした場合、酸素水が血流を良くして脂肪燃焼してくれます。酸素が足りない血管に酸素を送り込み、余計な脂肪を燃焼してくれるとあれば、動脈硬化性抑制には打ってつけの水です。

また、バブル化した水素水も動脈硬化性に効果があると言われています。水素水は糖尿病や動脈硬化性を引き起こす原因でもある、悪玉活性酸素を抑制する働きがあります。

このように、バブル水を使えば、自分の状態に見合った水が必ず見つけられると思います。特に動脈硬化性という疾患は、なってしまってからではどんなに後悔しても遅い本当に厄介な疾患です。

最近太った、お酒やタバコがやめられない、ストレスの多い職場にいる、と言う方はせめて水にはこだわってみてくださいね。