モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. ナノバブル水の記事一覧
  3. ナノバブル水にはなにが入っているの?

ナノバブル水にはなにが入っているの?

photo

ナノバブル水ってなに?

ナノバブル水が体に与える効果が非常に良いと、注目を集めています。

ナノバブル水の「ナノバブル」とは非常に小さな気泡のことを言います。

気泡がナノメートルの単位のものがナノバブルと呼ばれ、気泡が極小のため、目には見えず、普通の透明な水に見えます。

通常、圧力を加えて水に溶解した気体は、その圧力が解放されるとすぐに気体に戻ろうとする力が働き、気泡となって空気中に消えてしまいますが、ナノバブルの場合は、その気泡が目に見えないほど小さく、イオンでコーティングすることができるため、その気泡はなかなか消滅せず、長期間その状態を持続させることができます。

ナノバブルを製造するためには非常に高度な技術や機械が必要になり、細かな規定があるため、ナノバブルを製造できるというのは非常に珍しく難しいと言われています。

ナノバブルに含まれるものとその特徴

ナノバブルは気泡の大きさが非常に小さいため、体に取り入れた際に細胞への浸透力が全然違います。

従来の酸素を多く溶解した水とは違い、酸素の大きさが非常に小さいため、体の細胞に気泡のまま直接浸透し、細胞を効率的に活性化することができます。

ナノバブルは非常に小さい気泡なので、通常の気泡とは異なり長期間にわたって消えることがありません。

ナノサイズの気泡は、常に不規則なブラウン運動をおこなっており、この力が浮力よりも大きいため、水面に気泡が浮きづらく水中に酸素を留めておくことができます。

ナノバブルに窒素を溶け込ませ、釣った魚を数分入れておくと、通常よりも長く鮮度を保つことができ、魚の鮮度を落としている雑菌が死滅すると言われています。

窒素のナノバブルを利用することで、冷凍保存していた魚の保存方法が変わるかもしれないと言われています。

酸素を溶け込ませたナノバブルは直径が1mmの5000分の1ほどの目には見えない非常に小さな気泡なので、通常酸素濃度の違う場所に生息する金魚と鯉が一緒に生活できる水を作ることができるなど、注目を集めています。

酸素のナノバブルには生物を健康的にし、育成にも効果があると言われています。

オゾンで作られたナノバブルには、殺菌や消毒作用があり医療や食品工業でも利用が期待されています。

オゾン作ったナノバブルは殺菌、消毒作用があり、窒素で作られたナノバブルは保存効果、酸素で作ったナノバブルは生物を元気に健康にすると言われているため、今後は幅広い実用化が期待されています。

酸素水としてナノバブルを生成する場合は、コンタミネーションが混在していない純粋な水や、日本各所の有名な天然水を丁寧に濾過したミネラル成分を含んだ水が使用されているため、体に対して非常に良いと言われています。