モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. ナノバブル水の記事一覧
  3. ナノバブル水とは

ナノバブル水とは

photo

ナノバブル水とは

ナノバブル水とは、ナノサイズの気泡が溶け込んだ水のことで、一般的には数百nm(ナノメートル)以下の大きさの気泡と呼ばれています。nmは10億分の1の単位で、だいたい細胞やウイルスぐらいの大きさと言われています。

肉眼では見ることができず目に見えるようにするためには、電子顕微鏡で数十万倍から数百万倍に調整しなければなりません。ナノバブルは非常に小さい気泡でできていることが分かります。

「水中にある気泡なんて炭酸飲料みたいにすぐに浮かんできて消えてしまうのではないか?」と疑問に持たれることと思いますが、ナノバブルの場合はブラウン運動という不規則な動きを常に行っており、この力が浮力よりも大きいために浮いてくることはありません。

ナノバブル水は一回作成すればバブルがずっと水中に残ることになるので、そのまま使い続けることができるというのが特徴です。

ナノバブルを作る技術はまだ少ない

そんな便利なナノバブル水ですが、ナノバブル自体を作る技術はまだ少なく普及するには至っていません。

ナノバブルを作成する方法しては、マイクロバブルを圧壊させて生成する方法やシラスポーラスガラス膜を用いて生成する方法、ナノノズルにより気泡の析出を抑制してナノバブルを生成する方法など複数ありますが、ハニカム構造のフイルターを水中に入れ、気体を通して作成する方法が代表的な作り方になります。

ハニカム構造のフィルターを用いることで水の流れの強さを調整することができ、そこへ気泡を通すことで様々な圧力が加わります。その圧力によって気泡がどんどん小さくなり、何度も行うことでナノバブル水が作られるのです。

現在は研究開発を中心に利用されていますが、今後大量生産できる方法が見つかれば、産業用として広く使われることと思われます。

色々な効果が期待されている

ナノバブル水には様々な効果があることが実験で分かってきています。魚の鮮度を何倍も長持ちさせる、酸素を加えることで養殖や農作物を短期間で大きく成長させることができる、バブルが刺激されることで汚れを落とせるなど、ナノバブル水は数々の分野で活躍できる可能性を秘めています。

特に医療分野では、オゾンを水に溶かした「オゾンナノバブル水」に細菌破壊の効果があるとして注目が集まっています。従来は抗生物質を使って細菌を殺していましたが、抗生物質の効かない細菌が登場するようになり課題となっていました。

しかし、オゾンナノバブルは破壊する目的のある細胞にしか働かないので人体に影響がなく、抗生物質なしで菌を殺すことができるようになります。研究がさらに進めば、オゾンナノバブル水一つであらゆる菌を倒せるような時代になるかもしれません。