モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. ナノバブル水の記事一覧
  3. ナノバブル水の活用法とは

ナノバブル水の活用法とは

photo

農家に嬉しいナノバブル水

ナノバブル水はどのような分野で主に活用されているのでしょうか。より具体的に調べていきたいと思います。

まずは、農業現場での活用法を紹介します。農業用水の中にナノバブルを溶け込ませることで、土壌の保水性を向上させたり、マイナスイオンを大量発生させたりすることができます。

もともと農業用水は地下水を利用することが多いのですが、地下水は酸素が欠乏している場合がほとんどです。そこにナノバブルを溶け込ませることで作物の生育に大きな影響を及ぼしています。

まず、土壌の状態が良くなるので、それに伴って作物の成長を促進し、植物体内の生理的バランスが正常に保たれた作物が獲れることになります。

また、耐性に強い作物にも育つので、遠方への出荷が可能になり味の質も上がるなど、ナノバブル水を活用することは農家にとってはメリットしかないのです。

水産業、畜産業でも活躍のナノバブル水

水産業や畜産業でも、ナノバブル水を活用した結果の報告が数多く挙げられています。

水産業においては、魚の養殖にナノバブル水を活用することで、魚の成長促進および鮮度を保ったままの長期保存などが可能という結果が出ています。既にこの実験結果をもとにナノバブル水の活用法を取り入れている水産会社も少なくありません。

畜産業界においても、動物の尿処理時や、動物の飲料水にナノバブル水を活用することによって、血流促進や成長ホルモン分泌の促進、神経伝達物質促進、ストレス軽減などの実証結果が出ています。

例えば、養豚であれば筋肉や脂肪を含む肉の状態が良い、高品質な豚の成育が可能となり、鶏であればナノバブル水で飼育することによって産卵量が増え、栄養度の高い卵を産むことに成功しました。

このように農家だけではなく、水産や畜産においても多大な力を発揮しているのが、ナノバブル水です。

日本の未来を支えるナノバブル水

我々の知らないところで、ナノバブル水は日本の「食」を支えてくれています。知らない間に私達も口にしていることでしょう。

しかし、ナノバブル水の活用法は食に関することだけではありません。医学界にも大きな影響を与えており、ナノバブルによる実験や研究はいまだに続けられています。

いくつか実験結果が出ているものもあり、既に治療法にナノバブル水を取り入れている病院も多くあります。特に現代の日本人の主な死因に繋がる動脈硬化にも効果的だとされています。

動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞などにかかる恐れがあり、それを抑えることで様々な疾病を防ぐことが可能となります。

他にも糖尿病やがん細胞にも有効との実験結果も出ており、高齢化が進み生活習慣が乱れがちな現代の日本において、ナノバブル水を活用することは今後の日本の未来を明るくするための必須法になるかもしれません。