モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. ナノバブル水の記事一覧
  3. ナノバブル水はブランドによって違う?

ナノバブル水はブランドによって違う?

photo

ナノバブル水の老舗ブランド

今では、ナノバブル水を販売している会社は数多くあります。昔から研究を続けている会社、近年実験に成功した会社など様々なブランドがある状態です。

ブランドによる水の違いはあるのでしょうか。もしあるとすれば、自分に合うナノバブル水を見つけなければいけません。何社かを例に挙げて比較していきたいと思います。

まずは日本で初めて安定したナノバブル生成に成功し、酸素ナノバブル水を作ったと言われる神奈川県にあるA社です。歴史はかなり古い会社で、創業は昭和22年になります。

酸素ナノバブル水は、行政法人の研究所と共同研究を重ねた結果生み出された水とされており、宮城県の東松島市の地下水が使われていました。

淡水魚と海水魚の共存実験などを経て、現在は有名アスリートも愛飲するほどの酸素ナノバブル水を販売するまでに至っています。種類も何種類かありますが、人気のあまり欠品中の場合もありますので要注意です。

ナノバブル水生成機器有名ブランド

次に紹介する会社は、福岡にあるナノバブル水の販売会社B社です。こちらは前述のA社とは異なり、飲料水としてのナノバブル水を販売しているのではなく、ナノバブル水生成機器を販売している会社になります。

水の効能については、デトックスやダイエット、動脈硬化の抑制など、一般的なナノバブル水の効能と同様のものを謳っています。

生成機器の種類は、飲料用として使えるものから、自宅のお風呂に設置して肌からナノバブル水を吸収するタイプのものなども販売しています。

個人の自宅だけではなく、クリニックや老人施設、エアロビの教室など、様々な分野の業界から親しまれており、ナノバブル水生成機器を販売しているブランドとしては、このB社が一番ではないでしょうか。

もちろん高性能の生成機器ですし、ナノバブル水の効果は大きいので値段はそれなりにしますが、最低ラインまで値段を引き下げて頑張ってくれているところも、この会社の魅力です。

水産会社から独立したナノバブル水販売会社も

最後に紹介する会社は、水産業から分離独立したナノバブル水を生成するC社です。こちらもB社同様福岡県内にあります。

こちらは独立してからはまだ10年にも満たない歴史の浅い会社ですが、水産会社から分離しただけあって、研究のスピードや成果は目を見張るものがあります。

販売しているナノバブル水は、飲料用などではなく、主に研究開発用として作られているものがほとんどです。魚の養殖、もしくは熱帯魚などの販売店向けに、水中の細菌抑制、酸化抑制、魚の成長促進や長期保存などに有効なナノバブル水を販売しています。

主に企業向けの販売になるので、販売前に受託テストを受けられることも大きな魅力です。高い買い物ですし、企業となれば規模が違うので購入前に検討出来ることは嬉しい特典です。

このように、ナノバブル水を販売している会社は多くあり、用途によっても選び方が重要になってきます。自身に合うブランドを見つけてください。