モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. ナノバブル水の記事一覧
  3. ナノバブル水が作物の収穫量に影響する?

ナノバブル水が作物の収穫量に影響する?

photo

日本における農業の現状

ナノバブル水とは、ナノ単位まで細分化した気泡を水に閉じ込めた水のことです。微細な気泡は破裂することなく、数か月は水の中に溶け込んでいるそうです。

あまり知られていないかもしれませんが、そのナノバブル水は農業界でも大きな役目を果たしています。近年の日本の農業は、毎年のように襲われる異常気象や、海外の輸入作物が増えたことなどを理由に、継続していくことが年々難しくなってきています。

また、興味本位で始めてみても、想像よりはるかに過酷な労働力に嫌気が差す若者も多く、なかなか後継者を見つけられない現状もあります。

しかし、どんなに過酷な条件の中でも、消費者のためにより良いものを作り出す精神と根性が備わっているのが日本人です。農家の方々は様々な研究などで品質改良を続け、これまでにないような味の野菜やフルーツなど、手間を十分に掛けて作ってくれています。

もちろん、農家にとっては時間も手間も前より掛かるので、より重労働になったと言えます。

ナノバブル水は、そんな農家を助け、通常よりも作物の収穫量がアップすると言うのです。どういった原理なのかを次に紹介していきたいと思います。

作物の吸水力アップで収穫量もアップ

農業の新たな取り組みのひとつとして、ナノバブル水を活用している農家が増えてきています。作物用のナノバブル水製造装置というものを使用し、作物に撒く水をナノバブル水に変えるという取り組みです。

ナノバブル水を作物に撒くことで、どのような変化があるのでしょうか。主に酸素を取り入れたナノバブル水が使われているようですが、この酸素ナノバブル水を使用した場合、地下水の数十倍の濃度の酸素が含まれているため、作物の吸水力、肥料の吸収力が高まるそうです。

その結果、生育エネルギーも高まり、全体的に例年よりも収穫量がアップするという仕組みです。

ナノバブル水の装置を使うとは言え、通常の水撒きと変わりませんし、手間を掛けずに収穫量が増えれば農家の方々にとっても嬉しい限りですね。

ナノバブル水で成り立つ需要と供給

このように、ナノバブル水は農業界の未来を明るくしてくれる奇跡の水とも言えるかもしれません。収穫量がただ増えるだけではなく、作物の質にも変化があるようです。

従来のものよりも栄養価が高く、高品質な作物が多く採れるようになり、更に植え替えが必要だった作物も、ナノバブル水を与えることでその手間が省け、結果的に出荷時期を早めることにも成功しています。

高品質で、一度の収穫量も多く、更に待ち時間を短縮して次の出荷ができるとなれば、正に究極の需要と供給が成立すると言えるのではないでしょうか。

また、ナノバブル水には消毒・殺菌効果も持ち合わせています。ナノバブル水で殺菌することで、薬品を使わずに安心安全の作物を作ることも可能になっていきます。