モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. その他の記事一覧
  3. 酸素って水が水に溶けている。高濃度酸素水とは!

酸素って水が水に溶けている。高濃度酸素水とは!

photo

高濃度酸素水とは?

高濃度酸素水とは、日常生活で利用している水に含まれる酸素よりも、多くの酸素が溶けている水のことを言います。

一般的には、通常の気圧状態の中に置かれた水1リットルの容積において、温度が20℃の場合、約9.3mgの酸素が溶け込んでいます。

濃縮酸素水として販売されている水には、その5〜30倍の酸素が含まれています。

ただ、濃縮30倍というのは、人が安静時に10回適度の深呼吸をした時に得られる酸素量と変わらないため、80ppm以上の濃度でないと高濃度酸素水とは言えないそうです。

非常に高濃度の酸素水であれば、酸素水の入っているペットボトルを振ると酸素が細かい気泡となり、上にあがっていくのを見ることができます。

ペットボトルを振る方法は、市販されている酸素水が濃いかどうかを見極めることができるので、購入前に試されることをおすすめします。

また、酸素の濃縮度はppmで表示されており、高い数字であればあるほど、濃縮率が高く効果が期待できるので、数字の高いものを選ぶことが重要です。

高濃度酸素水の効果とは?

通常の水道水や飲用水にも酸素は含まれていますが、酸素濃度が低いと、その効果はあまり得られません。

深呼吸をすることでも酸素は体に取り入れることができるので、それ以上の効果を得るためには、高濃度の酸素水を利用する必要があります。

高濃度の酸素を取り入れると、血流をスムーズにしリンパの流れを良くすることができ、体内の老廃物を排出する働きがあるため、デトックス効果が期待できます。

また、酸素には体の代謝をアップさせる働きがあるので、有酸素運動などと組み合わせることにより、効果的な脂肪燃焼やダイエットをすることができます。

このように高濃度の酸素を取り入れることで、体中に酸素をめぐらすことができ、体の内側から体質改善をおこなうことができます。

高濃度酸素水には水と酸素を効率的に摂取することができるので、二日酔いを改善にも効果的です。

タバコを吸うと、酸素が肺に運ばれづらくなるため、毛細血管なども収縮し一時的に酸欠状態になってしまいますが、酸素水を取り入れることで、酸欠状態を改善できます。

脳は体の中でもカロリーの消費量が多く、酸素の消費量も多いため、酸素が1%でも不足すると、頭がボーッとしたり、頭痛を引き起こしたりします。

そのため頭を使う機会が多いシーンで高濃度酸素水を取り入れると、集中力を高め脳の働きを助けることができます。