モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 酸素水の記事一覧
  3. 酸素水の作り方

酸素水の作り方

photo

酸素水を作る高速攪拌法とは?(こうそくかくはんほうほう)

高速攪拌法は非常に早く回転しているミキサーでかき混ぜている水の中に、酸素を送り込み水に溶かすという方法です。

この方法には専用の大型の機械が必要になりますので、自宅で酸素水を作ることは難しいと言われています。

酸素水を作る高圧酸素溶解法とは?

高圧酸素溶解法は、酸素に高圧をかけ、酸素の浸透力を使って水分に酸素を入れる方法です。

この方法についても大型の専用機械が必要になるため、簡単に自宅で酸素水を作る方法としては適していません。

酸素水を作るマイクロバブル法とは?

マイクロバブル法は、その名の通り小さい気泡を作り出し、水に溶かし込むという方法です。

そのマイクロバブル法には、大きくわけて3つのタイプがあります。

1つ目は薬品を使った方法で、軽石のような形状をしたガラクトースを水に溶解した際に、その結晶の隙間から気泡が出るのを利用してマイクロバブルを生成する方法です。

この方法は、酸素水を生成するための方法というよりは、医療分野において頻繁に利用されています。

超音波診断におけるエコー源として利用され、癌を診断するのにも使われているそうです。

2つ目は過飽和を利用した方法です。

酸素のように比較的水に溶けやすい気体は、加圧することで飽和状態になるまで水に溶け込ませることができます。

その溶け込んでいる状態で、加圧を解放すると水と酸素が非常に不安定な状態になるため、水の中から酸素が飛び出そうとし、気泡を作り出すことができます。

3つ目は気液2相流旋回方法といい、水と気体を攪拌することでマイクロバブルを生成する方法です。

酸素水の生成にはこの方法が主に使用されており、特殊な機械で超微小気泡の酸素を水とかき混ぜることで、酸素を水に充填します。

「高速攪拌」や「高圧酸素溶解法」と比較をすると、「マイクロバブル法」は10倍以上の高濃度の酸素水が生成できるとして、実際に活用されています。

自宅での酸素水を作る方法について

酸素水を生成するためには、それ専用の大きな機械を使う必要があるため、自宅での生成は非常に難しいのが現状です。

そのため酸素水を利用する際は、水素水を専門メーカーから購入するのが最も手軽に利用でき、安全だと言えます。

酸素水の中には、高濃度のリキッドタイプのものがあり、使用する際は水に噴射するだけという、持ち運びにも便利なものがあるので、いつでも酸素水を利用したい方にはおすすめです。