モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 酸素水の記事一覧
  3. 酸素水と炭酸水の違い

酸素水と炭酸水の違い

photo

炭酸水はどんなもの?

炭酸水とは「炭酸ガス」を含んでいる水のことを言い、別名「ソーダ水」や「ソーダ」と呼ばれることもあります。

炭酸水は人口的に作ることのできるものですが、自然界でも湧き水や温泉などで生成され、飲料が可能のものはミネラルウォーターなどの形で販売されています。

日本のレストランでは一般的ではほとんどありませんが、欧米のレストランでは、食事をする際に飲む水を「炭酸水」か「無炭酸水」かを選ぶのが一般的で、炭酸水は日常生活において非常に身近な存在と言えるでしょう。

炭酸水に充填されている二酸化炭素は、加圧されて飽和状態以上の量が溶け込んでいるため、その圧力を取り除くと圧縮されていた二酸化炭素が通常の大きさに戻り、気泡となって水から逃げ出すので、炭酸が抜けて通常の水に戻ります。

炭酸水は、カロリーを摂取せずに、満腹感を得られるとして、肥満や虫歯予防の一環としてニューヨーク州では、糖分を含む飲料ではなく水や炭酸水を市民に推奨していそうです。

現在では、ソーダサイフォンという機器を利用して、炭酸水を自宅でも気軽に作ることができるため毎日炭酸水を利用したい人にはおすすめです。

酸素水とはどんなもの?

酸素水は水の中に酸素を充填したもので、炭酸水のような刺激はなく水と同じように飲むことができるため、場面を選ばずいつでも飲むことができます。

水道水をコップに注ぎ入れると、その中には微量ですが酸素も含まれています。

しかし、この程度の濃度では体への効果がないため、水の中に含まれる酸素の量を増やし、高濃度にしたものが酸素水として一般的に販売されているのです。

酸素水と呼ぶことのできる、高濃度の酸素水は自然界では作り出すことができないため、人工的に作られています。

日本では1999年に発売が開始されていたと言われていますが、世界的に見るとその歴史は浅く、世界的には30年以上前から酸素についての研究がなされ、酸素水も一般的に健康に良いものとして受け入れられているそうです。

酸素水は作り方によって、水の中における気泡の存在期間を非常に長くすることができ、気化させることなく1年以上もの間水の中に溶解させておくことができます。

炭酸水は非常に気化しやすいですが、長期間保つことができるので、体内に取り入れた際も、細胞に効率的に酸素を届けることができるのです。

濃度の低い酸素水は、飲んでもあまり効果が得られないため、高濃度の酸素水を選ぶことが大切です。

市販されている酸素水の中には、非常に濃度の低いものがあるため、その濃度をしっかりと確認してから購入することが大切です。

酸素には血液の流れを良くし、代謝を上げる働きがあるため、酸素水を飲むことで脂肪燃焼のダイエット効果が期待でき、発汗作用により体内の悪いものを体外に出す働きがあるので、デトックス作用があります。

スポーツ選手やアスリートなど、集中力や体力回復が即時必要な方に愛用され、その効果と実績は世界でも認められています。