モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水 モンドセレクション金賞受賞のナノバブル水
  1. 酸素水でキレイ生活TOP
  2. 酸素水の記事一覧
  3. 酸素水でSAS(睡眠時無呼吸症候群)の健康対策

酸素水でSAS(睡眠時無呼吸症候群)の健康対策

photo

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは?

SAS(睡眠時無呼吸症候群)という病名を聞いたことがあるでしょうか。名前の通り、眠っている間に呼吸が止まってしまうという睡眠障害です。

一般的には睡眠中に約10秒間呼吸が止まっていて、それが一晩で5回以上繰り返された場合に診断されます。原理は空気の通り道である上気道が閉鎖されてしまうために起こる疾患です。10秒くらい呼吸が止まっていても特に問題はないのではないか、と思う方もいるかもしれませんが、SAS(睡眠時無呼吸症候群)は脳に多大な影響を与える恐ろしい疾患なのです。

人はノンレム睡眠といって大脳を休ませる眠りを取らなければいけません。その時脳内では副交感神経が働き、とてもリラックスした状態になります。しかし、呼吸が止まってしまうことで交感神経の方が働き、大脳が起きてしまうのです。

その状態が小刻みに繰り返されれば、眠っていないのと同じ状態が続き、健康状態にも大きく影響します。

放っておくと恐いSAS(睡眠時無呼吸症候群)

SAS(睡眠時無呼吸症候群)の原因は様々です。よく肥満の方がなりやすいとも聞きます。それは首周りに付きすぎた脂肪が気道を塞いでしまうためです。

少し前までは太った人がなりやすい疾患とも言われていましたが、痩せていても顎が小さいために気道を確保できず、SAS(睡眠時無呼吸症候群)と診断されることもあるので、昨今では太っていることだけが原因とは一概には言えなくなっているようです。

とは言え、太っている方は睡眠時だけでなく、他の健康面でも心配ごとはたくさんあるので、生活習慣の見直しは必要ですね。SAS(睡眠時無呼吸症候群)を放っておくと血液中の酸素が減ってきてしまう現象が起きます。更に放っておいた場合は、血管に関連する疾患に繋がる可能性が非常に高くなります。それは高血圧、心臓病、脳卒中や糖尿病などが挙げられますが、太っている方は尚更そのリスクが高くなります。

そこで、それらの疾患にも効果があると言われている酸素水を、次に紹介したいと思います。

血中酸素を補ってくれる酸素水

酸素水は細胞を活性化し、血流を良くしてくれます。血流を良くするということは、血中の酸素量を増やしてくれるということです。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)の方は、常日頃から血中の酸素が不足しがちです。それを補ってくれるのが酸素水なのです。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)の原因は気道が閉鎖されることによって起こるので、SAS(睡眠時無呼吸症候群)自体を酸素水が防ぐことはできません。

しかし、合併症である心臓疾患や脳疾患、糖尿病は防げると言えます。もちろん酸素水だけを飲んでいれば防げるというわけではなく、自己努力は必要ですし、SAS(睡眠時無呼吸症候群)の治療は別途必要です。

あくまでも酸素水は合併症の軽減や予防の手助けをしてくれるものだと思ってください。

体質にもよりますが、肥満の方は生活習慣の乱れが原因で太ってしまったという方も少なくないと思います。健康で元気に過ごすために、ベストな体重まで落とすことは非常に大切です。

酸素水は最も簡単な予防法

酸素水は血液中に酸素を増やしてくれていろいろな生活習慣病の予防になります。睡眠時無呼吸症候群にも酸素水は効果が良いと言われています。

睡眠時無呼吸症候群を防ぐ方法はいくつかあります。お酒の飲み過ぎに注意することや、呼吸を鼻呼吸にしたり、薬を服用したりする方法です。身体に酸素が行き渡らないのを、サプリメントの力で解決するのも1つの手だといえます。しかし最も手軽なのは酸素水を取ることでしょう。

いつも飲む水を酸素水に変えるだけでSAS予防になります。水不足は水分を意識的に多く取ることで解消することが出来ますが、酸素不足を解決するというのはなかなか難しいことです。

例えば、猫背の人は酸素不足になりやすいと言われていますが、猫背はなかなか直すのが難しいでしょう。しかし飲み物を酸素水に変えるというのはいたって簡単で誰にでも取り組めることです。

また酸素水には疲労回復の効果もあります。自分では症状に気づかないうちや症状が浅いうちから、様々な効果を持つ酸素水で睡眠時無呼吸症候群の対策を行っていきましょう。